曹洞宗 増林寺

増林寺について

当山増林寺は本寺、高林寺四世白州全龍大和尚により、寛永5年(1628年)に開創されたと伝えられる。
本寺高林寺は元々駿河台(本郷元町付近)にあり、境内にある湧き水を江戸城に献上したことから、
この池が「お茶の水」となったことで知られる。その後、江戸城の拡張、切り通しの開削のため駒込村に移転。
元禄年間には江左禅林という曹洞宗の禅林が置かれました。江戸の禅林は駒込吉祥寺の栴檀林、愛宕の青松寺の獅子窟林、
高輪泉岳寺の学寮九宇とならび隅田川の東岸唯一の学林でした。

設備案内

葬儀や法事の会場としてお使いいただけます。
また書道、絵画、お花など趣味の展示会・展覧会にご使用いただける多目的ホールもございます。

書院

御葬儀はもちろん、法事、研修会、各種会議、ご会食等に幅広くご利用いただけます

  • 1階書院

    ご利用人数:100名

    1階書院
  • 2階書院

    ご利用人数:70名

    2階書院

多目的ホール

研修会、会議、ご会食等、多目的にご利用いただけます

  • 1階多目的ホール

    ご利用人数:100名

    1階書院
  • 2階多目的ホール

    ご利用人数:170名

    2階書院
  • 1階フロアマップ

    1階フロアマップ
  • 2階フロアマップ

    2階フロアマップ

交通案内

〒135-0033 東京都江東区深川2-19-13
03-3641-5861

東京メトロ半蔵門線線・都営大江戸線
清澄白河駅A3出口徒歩8分
東京メトロ東西線
門前仲町駅3番出口徒歩8分